ttl_madeinjapan

中国人観光客の爆買現象

hiritsu

img_63cfbd8e9884c3809fe63e4e7a672f55577961

10月31日に観光庁が発表した「訪日外国人消費動向」によると、14年7月~9月の訪日外国人全体の旅行消費額は5505億円で、そのうち3割強を中国が占める(客数ベースで中国は全体の約2割)。中国は前年同期が913億円だったのに対し、今年は1847億円と約2倍に拡大した。1847億円を費目別にみると、約半分の948億円が「買物代」だ。消費額そのものが大きいこともあるが、この金額はほかの国や地域と比べて突出している。13年の外国人旅行消費額は約1.4兆円で買い物代は3割強であり、中国人旅行者が買い物に費やす割合は格段に高い。
観光庁の調査には買物代のさらに細かな内訳もある。中国の場合、1人あたり購入単価で最も高いのが、「カメラ・ビデオカメラ・時計」の約8.1万円。次に「電気製品」が約5.2万円、「服・かばん・靴」が4.9万円となっている。日本滞在中(14年7月~9月)に消費税免税手続きをした割合は全体の国と地域で2割弱。一方の中国は4割近くが免税制度を利用した。

日本製は多くの国々から信頼されています

pictogram385made_in_japan
日本製に対する信頼と安心感。
中国では経済発展が進む一方で深刻な環境汚染に見舞われており、食品製造の品質管理も杜撰な場合が多く、多くの中国人は中国での生活における健康面での悪影響に不安を感じている。そのため、特に富裕層の間では多少割高であっても外国製の商品・食品を購入しようとする傾向が強い。その中でも特に日本製の製品は信頼感が高く、高品質を求める中国の消費者の間で人気が高いのである。

供給関係つながる-ジリアート

mondai
 ジリアートインターナショナル株式会社はグローバル経済を背景に、新たな供給関係を見い出してきた。
日本製品は世界にて良い評判を得ており、高い品質と共に美しいものづくりを実現している。無印、ユニクロ、SONY、日立など世界ブランド以外にも、世界の人々に紹介していきたい。

 さらに、発展途上国、得に中国富裕層は良い生活環境を追及している。
ジリアートインターナショナル株式会社はこの供給関係をつながる架け橋となります。

輸出流れ

flow

flow_btncontact_btn